「くにたち混声合唱団 ときわ」( 旧称: 混声合唱団 国立ときわ会) は、東京都多摩地区を拠点に60年以上にわたって歌い続けてきている混声合唱団です。

 私どもは、” 仲良く、楽しく、上手に ” をモットーに、邦人曲・宗教曲・ヒットソングまで広いジャンルの曲を心ゆくまで楽しんでおります。

 コーラス指導は木野村雅子先生で、メンバーに合わせた編曲と情熱的でパワフルな指導で団員を魅了しています。

 演奏活動としては、東京都合唱祭、三多摩合唱祭、国立音楽祭など多くのステージに積極的に参加してます。さらに、老人ホームへの慰問演奏、現地に出向いての東北応援演奏会など、広く活動をしています。

 団員を大募集中です! コーラス経験のお持ちの方、コーラス経験がないが歌が大好きな方はどうぞ応募して下さい。定例練習の見学も大歓迎です。

定例の練習(毎週金曜日 19:00〜21:00、会場:国立公民館隣の「さんせい」)


〜 演奏会・行事予定 〜

   * 秋合宿 2018年9月29日-30日 河口湖合宿の家「おおば」

   * 三多摩合唱祭出演 2018年12月1日 ひの煉瓦ホール

   * 定期演奏会 2019年10月14日(仮)

 

41回定期演奏会(2018.2.18)

 

第41回定期演奏会を開催しました


 2018年2月18日(日)調布市民文化会館たづくりくすのきホールにおいて、第41回定期演奏会を開催しました。第1ステージは、モーツアルト作曲のレクイエムK626全曲、第2ステージは、邦人合唱曲から「谷川俊太郎の詩をたずねて」と題して5曲を演奏、第3ステージは、楽しい合唱を9曲演奏しました。

 第1ステージのモーツアルトのレクイエムでは、少人数の合唱団で演奏できるか心配でしたが、木野村雅子常任指揮者の情熱あふれる指揮のもと、応援して下さった賛助出演者、 オルガンと器楽の伴奏の皆様の助けを借りて、想像以上の演奏が出来ました。特に、東日本大震災被災地支援コンサート以来交流を続けている北上合唱アカデミーの有志の方々には、遠い地から賛助出演していただき、厚く御礼申し上げます。

 演奏会は、ほぼ満席になるお客様をお迎えして、木野村雅子常任指揮者の魔法の指揮に 操られ、心をこめて歌いました。会場の皆様からも暖かい声援をいただき、歌を通して皆の心が通じ合ううことの喜びを感じることが出来ました。


 会場のお客様からいただいた感想の一部をこちらに掲載します

→ 会場アンケートから.pdf













41回定期演奏会 2018年2月18日



演奏会録音を以下の曲名をクリックしてお聴きいただけます !

 第1ステージのレクイエムから

   1.Requiem  2.Kyrie   3.Dies irae   5.Rex tremendae   7.Confutatis

     8.Lacrimosa  9.Domine Jesu、 10.Hostias  11.Sanctus  13.Agnus Dei


 第2ステージ演奏曲から

   春に   くり返す   にわ   信じる   木を植える


 第2ステージ演奏曲から

   群青   今 ここに

 

会員大募集中 !!

2019年秋開催予定の次回定演に向けて会員を大募集中です

コーラス経験をお持ちの方大歓迎、初めての方も一緒に歌ってみませんか

どうぞ見学にいらして下さい

東京都合唱祭に出場しました

2018年7月8日に 新宿文化センターで開催された東京都合唱祭に、Qブロックに出場しました。東京都合唱連盟からは連続35回出場の表彰と記念品を受けました。

木野村雅子先生の指揮と田山みゆきさんのピアノ伴奏で、上田益作曲のスタバトマーテルからO quam tristis et afflicta」と鈴木憲夫作曲の「さくらんぼと麦わらぼうし」を歌いました。

講師の先生方と会場の他団体講評では、「柔らかく声を出して心地よいハーモニー」、「美しいアンサンブル」などの嬉しい講評をいただきました。沢山の講評に感謝します。

 ☆ 講師講評はこちらに

  → 第73回東京都合唱祭講師講評2.pdf

 ☆ 他団体講評はこちらに

  → 第73回東京都合唱祭他団体講評.pdf

 ☆ 会場録音はこちらから 

  O quam tristis et afflicta

   → https://youtu.be/JrwikXjiFUk

                         

連続35回出場記念品贈呈

 

くにたち音楽祭に出場しました

2018年6月10日にくにたち市民芸術小ホールで開催されたくにたち音楽祭に出場しました。

木野村先生の指揮と田山みゆきさんのピアノ伴奏で、 上田益作曲のスタバトマーテルから

「Cum Vitam sentio」と、松下耕作曲の「ほらね、」を歌いました。

宮本哲郎先生からは以下の講評をいただきました。

 ・「Cum Vitam sentio」

      格調を感じさせる合唱でした。 ハーモニーバランスもとても良い。

 ・「ほらね、」

   言葉の発音と神経が行き届いていてよく伝って来ました。 

   言葉をはっきり発音するという意識が強すぎるせいかところどころ音楽の流れが

   止まってしまう と感じがした。

  全体としてストレスを感じさせない良くまとまった合唱でした。

 Bravi!