「くにたち混声合唱団 ときわ」( 旧称: 混声合唱団 国立ときわ会) は、東京都多摩地区を拠点に60年以上にわたって歌い続けてきている混声合唱団です。

 私どもは、” 仲良く、楽しく、上手に ” をモットーに、邦人曲・宗教曲・ヒットソングまで広いジャンルの曲を心ゆくまで楽しんでおります。

 コーラス指導は木野村雅子先生で、メンバーに合わせた編曲と情熱的でパワフルな指導で団員を魅了しています。

 演奏活動としては、東京都合唱祭、三多摩合唱祭、国立音楽祭など多くのステージに積極的に参加してます。さらに、老人ホームへの慰問演奏、現地に出向いての東北応援演奏会など、広く活動をしています。

 2018年春の定期演奏会に向けて団員を大募集中です! コーラス経験のお持ちの方、

コーラス経験がないが歌が大好きな方はどうぞ応募して下さい。定例の練習(毎週金曜日 19:00〜21:00 会場:国立公民館隣の「さんせい」)の見学も大歓迎です。

ブダペストとウイーンで歌ってきました

 2016年秋に、鈴木憲夫先生が総監督をされる「コーラス・フェスタ イン ヨーロッパ」に参加し、ブダペストのペスティ・ヴィガド音楽ホールと、ウイーンの聖シュテファン大聖堂で歌ってきました。

 10月27日のヴィガドホールの演奏では、現地のコーラス団体「Pro Fun」も加わった合同演奏会のトップバッターで、木野村先生の指揮で「日本の四季メドレー」、「The Lord bless you and keep you」(John Rutter 作曲)、「祈りの朝に」(上田益作曲)を歌いました。会場からは現地の人達の温かい盛大な拍手をいただき心を熱くしました。

 10月29日には、シュテファン大聖堂で日本から参加者全員(106名)で、鈴木憲夫先生の指揮で、「マザーテレサ 愛のことば」(鈴木憲夫作曲)から「だれもそばにいてくれない・私は一本のえんぴつ・主よ、今日一日」、「三つの聖母マリア賛歌」(鈴木憲夫作曲)から「Salve regina・Regina caeli」とモテット「アヴェ・ヴェルム・コルプス」を歌いました。ゴシック造りの厳かな教会で神に捧げる歌を歌えて大きな幸せを感じました。

シュテファン大聖堂

2016/10/29

春合宿 ( 河口湖合宿の宿「おおば」にて 2017.3.25)


〜 演奏会・行事予定 〜

   * 7月17日 東京都合唱祭 新宿文化センター大ホール

   * 10月28〜29日 秋の合宿 河口湖合宿の宿「おおば」

   * 11月26日 三多摩合唱祭 日野市煉瓦ホール

   * 2018年2月18日(日) 府中の森技術劇場(ウイーンホール)


現在練習中の曲目

 ・「今ここに」( 松下耕  作曲 )、「木を植える」( 木下牧子 作曲 )

   [くり返す」「にわ」(上田真樹 作曲)   ※ 作詞  いずれも谷川俊太郎

  ・「信じる」( 松下耕  作曲 )

  ・Mozart「Requiem」K.626  No1、No2、No7(モーツアルト 作曲)

  ・他 

グランダ東小金井で「秋のコンサート」を開催しました

 11月23日(水・祝) グランダ東小金井で、秋の訪問コンサートが行われました。今回で9回目。1時半に集合し、練習。2時半開会、閉会は3時20分。

木野村先生、ソプラノ5、アルト6、テナー3、ベース1。計15名が参加しました。

初めて、お邪魔してからずっと聴いて下さる方がおられ、あの頃のように身体表現することがなくても口ずさみ、楽しそうに聴いて下さり、嬉しかったです。ホールの片隅に「上を向いて歩こう」や「いつでも夢を」の歌集があり、日頃の歌声が伝わってくるようでした。

ご一緒に歌った花や荒城の月、三百六十五歩のマーチは、元気よく聞こえ、母の顔が浮かぶようでした。

どうぞ、いつまでもお元気で。               (行事記録 佐藤洋子)

    

    

くにたち音楽祭に出演しました

6月11日(日)に、くにたち市民芸小ホールで開催された第42回くにたち音楽祭に出演 

しました。出番は、19団体参加の中の10番で第1部の最後でした。

木野村先生の指揮と田山みゆきさんの伴奏で、「今、ここに」(松下耕 作曲)と

「信じる」(松下耕 作曲)を歌いました。

講師の宮本哲朗先生からは以下の講評をいただきました。

 *「今、ここに」

   それぞれのパートの音色が良く統一されており、全体のハーモニーもとても

   美しいです。

 *「信じる」

   音楽の構成をしっかり歌っており、しっかりとそのイメージ性も伝わって来ま

   した。良く訓練された合唱団だと感じます。

   声・音楽・言葉全て充実した演奏でした。

 

第71回 東京都合唱祭に出演


7月18日(日)、新宿文化センター大ホールにて開催された第71回東京都合唱祭の5日目、Wブロック(18:30~20:40)に参加しました。

指揮は木野村雅子先生、ピアノは会員の田山みゆきさんでした。

演奏曲目:「マザー・テレサ愛のことば」より 私は一本のエンピツ

       「遥かなる海」より 祈りの朝に

 当日は、15:10に新大久保駅に集合し、“東京音楽芸術園”での当日練習で最後の確認をしてから、会場へ移動しました。会場集合は17:05ホール入り口ロビー。その後高校生の先導でリハーサル、更衣、会場着席、演奏と進みます。今回ときわ会紹介のアナウンスは今野さんが行ないました。

 自分達の演奏の合間には他の合唱団の演奏を拝聴して感想を書くのもいつもの通りです。一つ一つ個性あふれる演奏を聴き大いに参考になったと思います。

今回は前ブロックからの遅延の為か終了時間が21:00と若干遅くなりました。終了後の入り口ロビーでの集合時、木野村先生からは、「今日はあくまでもお祭り。各自それぞれ反省はあると思います。そこを踏まえてこれから定演に向けて頑張りましょう。」とのお話しがあって解散。その後は、「混声合唱団あかり」との合同の打ち上げを開きました。

 今回の2曲は、会員それぞれで、長く歌いこんだメンバーや最近初めて歌い始めたメンバーがいましたが、練習を積み重ねることで多くのメンバーが暗譜をクリアして本番に臨めることとなりました。とは言え、楽譜通り間違いなく歌うこと自体がとても難しく、その上の発声、発音、音程、表現力と、まだまだ先は長いようです。これからも木野村先生の的確なご指導のもと、時々のお褒めを励みに、地道な練習を積み重ね9月の定演に向けてのレベルアップを誓った夜になりました。            (行事記録  高橋ひろみ) 

講師講評はこちらに → 第71回(2016)東京都合唱祭講師講評.pdf






                




   

第40回記念定期演奏会を開催

 第40回記念定期演奏会を、2016年9月25日 府中の森芸術劇場(ウイーンホール)で 

 開催しました。当日は天候にも恵まれ、ほぼ満席のお客様をお迎えできました。

 賛助出演の「ひつじ合唱団」の子供たちとも一緒に歌いましたが、子供たちの真っ直ぐ

 な澄んだ声は素晴らしかった。

 演奏曲目は、 混声合唱組曲「遥かなる海へ」( 上田 益 作曲 )、「マザー・テレサ 

 愛のことば」(鈴木憲夫 作曲)、「Look at the world」「The Lord bless you

 and keep you」(John Rutter 作曲)に加えて、楽しい合唱のステージでは昔懐かし

 い曲を多 数歌いました。( 調子をそろえてクリック・クリック・クリック、 春が呼ん  

 でいる よ、城あと、アイスクリームの歌、クラリネットこわしちゃった、

 日本のうた、 アメージング グレース、 太陽がいっぱい、 慕情、 この空よ いつまで

 も、など )

  会場アンケート(感想)も多数いただき、有り難うございました。

 会場アンケート → 会場アンケートより抜粋.pdf




  

第68回 三多摩合唱祭に出演

  三多摩合唱祭が、2016年11月27日(日)日野市煉瓦ホールにて開催され、

第2部34番目に出演しました。 木野村雅子先生の指揮、 宮原昌子さんの ピアノ伴奏で、

①アメージング・グレースと ②オーソレ・ミオを歌いました。

 講師の先生方からは以下の温かい評をいただきました。

       〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 講師評 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

瀬川武 先生

① 各パートバランス良く、とてもやわらかく美しいハーモニーで素晴らしい演奏でした。

  言葉もよくわかり、気持ち良く聞かせていただきました。

② 大らかであかるく、合唱によるカンツオーネも良いものですね。

源田俊一郎 先生

国立ときわ会の素晴らしいサウンドは

今も耳に残っていますが、そのハーモニー

を引き継いでいますね。

人間の声が、魂をゆさぶる感動を導く、

その事を証明しながら、今後の歩みにも

期待しております。

ピアニストもGood !

第40回記念定期演奏会 ひつじ合唱団との共演